読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セコンさん

〜生活と消費〜

たこ焼き

DSC01624.jpg

お正月なのでお参りに行って、屋台でたこ焼きを買った。

そういえば昨年、インドネシアに仕事で行ったときに、いろんな所を案内して貰ったんだけど、その中で屋台が並ぶようなフードコードで印象的だったのがたこ焼き。日本とインドネシアの外食の価格差は大体5倍程度なんだけど(100円で屋台で一食食べれる)、たこ焼きの値段はなんと日本と同じぐらい(6個入りで300円)、しかもおいしくない(ほぼ小麦粉と小さいタコとソース)…。そして閑古鳥が鳴いているわけでは無く、それなりに売れている。

インドネシアのたこやき

なんでこんな高いの?と尋ねたら、お金ある人が TAKOYAKI だ!食べよう!と買うからだよとのと。価格は需要によって決まる(特に嗜好品は)。

そういえば海外の人が日本に来たとき、いわゆる日本的な食べ物、寿司・天ぷら・たこ焼きなんかは人気だけど、おいしい唐揚げをすすめても、あんまり反応が良くない、非日常感のある食べ物(唐揚げはフライドチキンとしてほとんど各国に味付けは違えどだいたいある)が喜ばれるんだよ、という話を聞いて、なるほどなぁ〜、と思った。

広告を非表示にする