タイのプーケットビーチへ / 16日目

朝、プーケット国際空港側のローカルフード屋で朝食。タイ料理は懐かしい感じだ。どれも50B(1B≒3.6円ほど)でおいしい。

今回のプーケットではカロンビーチというプーケット島の南西部のため、飛行場より移動。移動方法には、バス(170B・二時間強)とタクシー(1000Bぐらい・一時間ちょっと)があるのだけど、バスの時間は一時間に一本で、しばらく時間があったのだけど、うろうろしているとミニバス(乗合バス・200B)というのもあるらしく、すぐくるっぽかったので乗車する。ハイエース的なミニバスに定員いっぱいの10人ほど乗り込み移動開始。すると、ちょっと行ったところで旅行代理店で強制下車が発生し、ツアーの勧誘を受ける。なるほど、これが観光の押し売りか、とツアーは要らないと言うとすんなり引き下がり、また移動開始。二時間ほどで目的のホテルに到着する。バスだとバス停からホテルへの移動になるので、それを考えるとミニバスの選択肢も良さそうだ。

ホテルへチェックイン後、移動の疲れが出たのか夕方まで昼寝。その後、近くの料理屋で昼ごはん兼晩ご飯。グリーンカレーが辛さ控えめ、かつココナッツの旨味がよく出ていてとても好みの味だった。食べていると天気は一気に土砂降りになりスコール。ちょうど今が雨季が終わるギリギリのタイミングらしい。野良犬が雨宿りにと店に入ってきたのだけど、店員がライターで追い払う。なるほど、火を使うのか。プーケットではその辺でたくさん野犬を見かける(今日1日で30匹ぐらいは見たと思う)て、今のところ襲ってくるような気配はないものの、噛まれたら予防接種はしているものの、狂犬病が心配だ。

雨上がり、夕暮れのカロンビーチを見ようと向かいつつ、途中のフルーツ屋でマンゴー1個(35B)を切ってもらい食べると、日本だと高級マンゴーと言われるような味がこんな安価に!美味い!と帰り道でも再び買うほどおいしいマンゴーであった。南国のフルーツの旨さよ。

カロンビーチは砂浜はサラサラで、人もギリギリ観光シーズン前だからから少なく、とても良い感じだった。明日は泳ぎに出かけよう。

朝食、卵シーフード炒め。

雨宿り中の野犬。

突然のスコールに足早に帰る人々。

パッタイ。奥のグリーンカレーがとりわけ美味しかった。

マンゴーは言うとその場で切り分けてくれた。

小腹を満たした、屋台のもちっとしたバナナクレープ的なもの。

スコールの直後だったためか、なんとも言い難い雲模様。火が沈む赤と、夜空の青のコントラストが綺麗だった。

ペナンのニョニャ料理教室、プーケットへ移動 / 15日目

朝、ペナンの料理教室へ。本も出していたり、様々な賞をとっている先生で、妻曰く「マレーシアの栗原はるみだよ!」とのこと。

ローカルな市場に行き、こちらでよく使う香辛料や野菜、肉魚等を物によってはそのまま食べたり、匂いを嗅いだりしながら説明してもらい巡る。鶏肉は、市場に生きた鶏が入った籠があり、その横に鶏を沈めるための水入りタンクがあって、その場で捌いていた。生き物を食べる事、というのもダイレクトに伝わってくる。この市場の外で、onde-ondeのような材料なのだけど、すべてを細く糸上にして食べるお菓子の店があって、それが食感などがだいぶ変わりonde-ondeよりも美味しい。出来立てでもあるしね。

料理教室では、化学調味料を一切使わず、ホッケンミー(汁面)やチキンカレー等を作る。唐辛子や玉ねぎ等々から、サンバルも一から作り、味のベースや付け合わせに使ったり。インドネシアでたくさん食べたサンバルはこんな風に作るのかぁ。なお妻曰く「マレーシアの栗原はるみ」的な先生は、サバサバ的ぱき面白的性格な方で、どちらかというと「マレーシアの平野レミ」的な方だった。

夜はフライトでペナンからプーケットに移動。LCCで一人3000円、預け入れ荷物が1500円ぐらい。短距離とはいえ、国際線で3000円お安いなぁ。ただ、前回に続き今回も90分ほど遅れてのフライト。プーケットのイミグレはこれほどガラガラなイミグレ見た事ない、というほど、係員は多いのだけど全く列がなくてあっという間に終わる。出国用のチケットを持っておらず、入国審査で何か言われるのかな、と思ってたのだけど、全く何も言われず入国できた。今日は寝るだけなので、飛行場から歩いていけるモーテル的なところに宿泊。23時ごろ(マレーシア時間なら24時ごろ)到着する。

部屋でインターネットをしていると、Googleの検索結果の時刻表期が仏歴となっていて、ああ、違う国へ来たのだな、と移動を実感したBE2562/10/14なのであった。

ジャックフルーツ。

小さいバナナは甘味が詰まっていておいしい。

糸盤オンデオンデ。

もちっとカラメルナッツ風味。

サンバル初めて作った。

カレー。青いご飯は、食べられる青い花で色づけする。

ホッケンミー麺版。サンバルをお好みで溶かしつつ食べる。

ぶらペナン / 14日目

今日は特に何するでもなく、ペナンをブラブラの日。朝、昨日通りかかった時やたら活気が良い屋台があったので、そこでご飯。カナンと目玉焼き(半熟)をうまくフライパンの上でくっつけて焼いた物に、カレーと鶏モモ肉を乗せたもの。それと、マーガリンを塗ったトーストの上に、半熟玉を乗せたもの。店主らしきおじさんが、リズミカルにスプーンで半熟卵を高速に割っていた。この屋台、人が集まりすぎて、警察も交通整理に来ていて興味深い。

その後、ジョージタウンの東側をブラブラし、ザ観光地ぽい街並み、店の軒先を冷やかしつつ、ぐるっとしたのちにラクサ専門店で昼ごはん。昨日食べたペナンラクサ(アッサムラクサ)に続き、もう一度ペナンラクサにチャレンジ。別のお店で食べると美味しいこともあるからね、と思ったのだけど、昨日の店よりは酸っぱさは少なめだが、やはり似たような味であまり自分には合わないことがわかった。

夕方、疲れをほぐしに盲目按摩に。日本ではマッサージ屋の割合に対して、盲目按摩は少ないのだけど、中国本土ではその辺で見るし、マレーシアでもちょこちょこみかける。

いい感じにリフレッシュされた後、ペナンの高層タワーのショッピングモールに行き寂れ具合を感じた後、海沿いのホーカーズのNortham Beach Cafeへ。夕暮れの海を眺めながら食事をとった。なお、マレーシア(ペナン?)のホーカーズはシンガポールと異なり、席に番号が書いてあり、座るとドリンクチャージのドリンクの注文を取りに来る人がいる。ドリンクを頼んだのち、屋台で席番号を言って注文し、料理が出来上がると屋台の人が持ってきてお金と交換する(ドリンク注文と店の注文の前後は関係ない)。

小雨が降ったり止んだりしたので、小さな虹が二回出ていた。

夜、近くのライブイベント会場での音を聴きながら(夜中まで大音量…)就寝する。

巨大な鉄板でナンと目玉焼きを結合させていく。

素早く卵をスプーンで割る。

ナン目玉焼きカレー鶏肉。

ナンの中から半熟卵が出てきて不思議な感じ。

卵割っていたおっちゃん。

このココナッツアイス(2RM)、ココナッツの果肉たっぷりでとても美味い。

海沿いの重機。

街角。

ペナンラクサに再挑戦。

「売切」表記が日本語なので、日本の中古自動販売機の流用っぽい。

夕飯。あんかけ焼きそばっぽい。麺は豆腐麺っぽい柔らかい麺で不思議な感触だった。

虹。

ケックロックシー・ペナンヒルスカイウォーク・スイカケーキ / 13日目

朝食は近くのローカルフード屋で。ホッケンミーを頼んだら、麺とスープの食べ物が出てきて、あれホッケンミーって焼きそば的なものじゃなかったっけ、と調べるとペナンのホッケンミーは汁麺らしい。甲殻類の出汁がきいていて美味しい。調べると太平洋戦争の日本統治下時代、身は日本軍が食べて残った殻で出汁を取ったのが始まりとか…。

午前中はケックロックシーという、仏教の観光スポットへ。巨大な仏様、やたらと並ぶ仏様、大きな部屋の壁中仏様、仏様の後光はLEDでカラフルに表現、仏像などの見どころ→土産物屋→見どころ→土産物屋…のループ等々、ライターならここだけで記事を一本書くことができるようなおもしろスポットであった。

昼ごはんはその近くの、有名らしいペナンラクサのお店でラクサ。ペナンラクサ(アッサムラクサ)は、シンガポール・マレーシア他のココナッツフレーバーのラクサとはまったく異なり、魚介で出汁を取った酸っぱい味付け。独特の臭み・酸っぱさで、なるほどこれは好きな人はとても好きになりそうな味だ(実際に周りのお客はスープまで飲み尽くしていた人が多かった)、けど自分の好みでは無かった。

午後は、ジョージタウンが一望できる丘、スカイウォークへ。土曜の午後という時間帯だからか、ケーブルカーに乗るも降りるも長蛇の列で、各々一時間半ぐらい、合計三時間ぐらい並ぶことになった。通常料金だと(観光客は)30RMなのだけど、時間がない人はファストレーンパス100RMを払うとあっという間に乗れて良さそう。丘から見るジョージタウンは、開発が進んでいる場所は高層ビルが立ち並んでいたり、巨大な埋立地を作っていたりと、全貌がなんとなく分かったりした。丘の上は一周できる道があり、熱帯雨林の中、といった林の中を進み、途中道に迷ったりしながらぐるっと巡った。日本では見ない植物等が多く、面白い。

晩飯はホーカーズ的な場所でサクッと食べた後、ケーキ屋へ。名物のスイカケーキ、スイカがまるまる挟まっており、生クリームとスイカのみずみずしさがマッチしていて、面白美味しかった。

ホッケンミー汁版。

寺院の天井。彫り物もはきちんとしているものが多い。

LEDな御光…。アニメーションしている。

スケールわかりにくいけど、とても大きい。

ズラーっと並ぶ仏像。

アッサムラクサ。シーチキンのような魚介の具がたっぷり。

丘より。

見る機会が少ない植物は見ていて楽しいね。

スイカケーキ。

ホーカーズで食べた海老チャーハン。海老出汁、どうやって味付けしてるんだろう。

クアラ・ルンプールからペナンへ / 12日目

ぐっすり寝たおかげで、かなり風邪は良くなる。朝食はホテル隣の、昨日の晩ご飯を食べたところでカヤトーストとジンジャーティ。妻が、「昨日ここで食べたドーサ(小麦を薄くクレープのように焼いた南インド料理、このお店は付け合わせにカレーが三種類)、2RMちょっとだったんだよ!」というので、いやいやそんな安いはずはない(この店のカヤトーストの値段は2.5RM)、とメニューを見てるとたしかに2.3RM…日本円にして60円ぐらい…安すぎる。カヤトーストは、トーストのパン自体は他店から買うから、材料が原価のドーサの方が安いのでは、等々予想をして過ごす。ちなみに昨晩食べたドーサは普通に美味しかった。

お昼前にKLIAからペナンへフライト。KLIA、成田みたいな感じでKL街中から離れていて、移動にも時間がかかるし、交通費もバス以外の手段では結構かかる。taxiやGrabは一定料金65RM+高速代約10RM。二人だと鉄道乗るよりGrabのほうが安かったので、Grabで移動。空港では一時間ほど遅延していたので、空港にあったマレーシアのハンバーガーチェーンであるMarryBrownで昼食。ハラルなお店なので鳥バーガー、鳥はファミチキのような感じだった。

空港で時間を潰していたら、Sonyの小型ワイヤレススピーカ、SRB−XB01を売っているのを見かける。最近のホテル暮らしで、部屋にいる時にスマフォやiPadから音楽を流していることが多いのだけど、部屋で聴くにはやっぱり向かないので小型スピーカーが欲しくなってきたのであった。他に候補はJBL go2もあり、go2のほうが軽い音で好きな感じだったのだけど、日本でのgo2価格とマレーシアのその辺で売っているgo2の価格差が倍ぐらい高くてうーん、という感じだったのだけど、XB01は実売価格がほぼ同じだったので購入。今も部屋で鳴らしているけど、値段と軽さ(160gほど)を考えると十分及第点で良い。

フライト自体は40分弱で、あっという間に到着する。離陸した時に近くのインド人男性が、離陸後も電話を続けていて、そうか、これぐらいの高度だとまだ電波入るのか…と面白かった。他の国じゃマナー違反(というか禁止事項)なので、せいぜい滑走路までで電話を切る人ばかりの中、まさか離陸時にも話す人がいるとは。

ペナンのホテルには16時ごろつき、街を散策しつつ夜ご飯にぶらりローカルな点心のお店に入る。一皿5RM前後で沢山の点心を食べれて満足。お茶も美味しかった。

スピーカの色は青色。旅行中、黒とか灰色だと部屋から回収するのを忘れるから、原色など(≒部屋にない色)だと、目について忘れにくい。実物はSONYか?と思えるぐらいチープなのだけど、それも良い。

ザ・廃墟。廃墟となった建物の上に木がたっぷりと生えているのも、熱帯雨林ならでは。

ペナンも一部地域は高層ビルが立ち並ぶ。

オリエンタルホテル、この構造がとても気になる。

点心、揚げた甘い芋の中にミートソースみたいなのが入ってた物もあり、斬新だった。

ペナンは華人も多く、中国系なデザインの建物も多い。

新東京。