サビキ釣りを始めた

家から徒歩3分で海に行けるので、散歩がてら釣りをしている人をちらほら見ていたら、突然釣りがしたくなり釣りを始めた。釣りは以前友人に釣り船に一度連れて行ってもらっただけで、全くのいろはも知らない素人だ。

f:id:secondlife:20200724163739j:plain

さて、そもそも何が釣れるんだ、とググってみると、サビキ釣り、というのがこのへんでも釣りやすいらしい。サビキ釣り、というのを調べると、ファミリーフィッシング向きな、一番簡単な釣りと言っても過言ではないらしい釣り方らしい。

釣りに詳しい友人にやり方を聞くと、「自分であれこれ調べて釣ったほうが断然楽しいよ。ちなみに自分が今ハマってるのはマゴチ釣りで、釣りと一言で言っても、種類によって全く別ジャンルと言っても過言ではない云々カンヌン…」とのことでなるほど一理あるなと、解らないなりに調べてみる。なんとなく必要なものが分かったので、近くの釣具屋に「すいません、これからサビキ釣り始めようと思うんですけど…」と買いに出かけ、店員さんが丁寧に道具類のおすすめを教えてくれ、一式購入する。

購入後、早速釣りに行くも全く釣れず。朝は5時に、夕方は18時頃、天気が悪い日以外はほぼ毎日1-2時間の釣りに行くも釣れず。一週間ぐらいたって、初めて小鯖が一匹釣れる。それでも釣りに行くのは、ぼーっと海を眺めるだけで、なんとなく気分が良いからだ。妻も散歩ついでに大概ついてきてくれ、手持ち無沙汰になるのも悪いので、もう一本釣り竿を買ってまた一週間ぐらい釣りもするも全く釣れず。

f:id:secondlife:20200724164509j:plain

初めて釣った小鯖。全く釣れていなかったので小さな魚でもめちゃ嬉しかった。

変化が訪れたのは大雨が上がったばかりの夜、天気が悪くて釣りに行けていなかったので、夜釣りに行ったら、釣り糸を垂らしてすぐに引きが来て、あまりの引きの強さに釣り糸が切れてしまった。その時はちょうど餌をいれるカゴも無くなってしまったので帰ったのだけど、次の朝釣りに行くと、サビキで釣っているおじさんが爆釣れしている。自分たちも初めてアジが釣れた。おじさん曰く「昨日からアジが回ってきてるよ、それまでは全然釣れなかったんだけどね。あと5時に来たんじゃ遅すぎるよ、日の出前の4時には来ないと。日が出たら(=自分たちが来た5時には)もう魚は居ないよ」と。

次の日は4時前に起きて釣りに行くと、海岸には昨日教えてくれたおじさんが釣りを始めたところで、針を垂らした瞬間にアジがかかる。自分たちも早速始めると、嘘のようにアジが釣れる。入れる、釣れる、入れる、釣れる、を繰り返し、1時間ちょっとで20匹ほどアジが釣れる。めちゃくちゃ楽しい。

f:id:secondlife:20200724163940j:plain

おじさんとも釣りながら話をして、おじさんは定年退職して暇を持て余すかと思いきや、朝は釣り、昼は釣った魚をさばき近所に振る舞い、休日は山々を歩き、毎日が楽しくてもっと早く定年退職したかったよ、こんなに老後が面白いとはねぇ、と。いい人生だなぁ。

家に帰って、20匹のアジを捌く。全く慣れていなかったので、最初の三枚おろしは身が全然取れない、ザ素人の三枚おろしが出来上がる。妻はあっという間に慣れ、手早く綺麗に魚をおろす。それから四日間はアジづくしで、アジフライ、塩焼き、刺し身、たたき、なめろう、頭や骨でアラ汁、とアジ三昧。アジは味が良いからアジ、という名の魚なだけあって、何で食べても美味しい。

f:id:secondlife:20200724163959j:plain

f:id:secondlife:20200724164005j:plain

f:id:secondlife:20200724164011j:plain

釣れない日もたくさんあるけど、そんな日は海を眺めて過ごす。釣れる日はめちゃ楽しいし、釣った魚を食べるのも美味しい嬉しい。今度はどんな魚が釣れるだろうか。

家のルータを Wi-Fi 6 (IEEE 802.11ax) 対応に

自宅のインターネット環境が速くて、WiFi が速度のボトルネックになっていたので、デュアルバンドWi-Fi 6 対応のルータ、ASUS TUF-AX3000 を買った。

Wi-Fi 6対応ルータも安くなってて、ASUSのRT-AX56Uは1万円強ぐらいで買えるようなのだけど、世の中的に在庫がない or あっても高いので、上位モデルを検討して、TUF-AX3000 にした。ほぼ同じハードウェアの RT-AX3000 のほうがデザインがシンプルでよいのだけど、RT-AX3000は接続台数が21台で埋まりそうな感じもするので、最大80台つなげるTUF-AX3000にした。

f:id:secondlife:20200724160139j:plain

ゲーミングデザイン…。

デスクトップPCも同時に PCIe のカードを変え Intel の AX200 チップ(単品だと2000円ぐらいなのね、お安い)の物にして、スピードテストをしたら、300Mbps → 600Mbps ほどになって精神衛生上良い。ただそんなに速度が出るサイトは限られているので、何時でも二倍速!というわけではもちろん無い。

f:id:secondlife:20200724160421p:plain

あと今までのルータはいまいち安定しなくて、時々無線が切れたり、ルータを手動再起動しないと安定しなくなったりしてたので、自宅で仕事してるとちょっとしたストレスになっていたので、そのへんが解消すると良いな。

iPhone も 11 から、Android では Snapdragon のミッドレンジチップも Wi-Fi 6 対応し始めたし、ルータも安くなってきたので、そろそろ世の中的に広がりそうな感はある。

自作デスクトップ Windows PC を作った(5年ぶりN回目)

f:id:secondlife:20200617174809j:plain

世界一周再開まで、技術リサーチをしながらゆっくりと過ごそうかな、と思っていたのだけど、縁あって知り合いのサービス立ち上げを、フルリモートで行いながら過ごしている。

ほぼ毎日プログラミングしていて楽しいのだけど、そんな中結局 MBP 2016 から買い替えた MacBook Air 2020 ( Core i7-1060NG7 / 16GB ) だとスペック不足、とりわけ CPU のリソースを使い切ることが開発中多くなってきた。MBA 2020 の Core i7-1060NG7 は4コアなのだけど、フルで使うと消費電力か熱量の関係で2.5コアぐらいの処理能力しか出ないので、ふつうの開発、つまりVSCode で編集し、MetroBundler で常時 JavaScript 関係のコードを生成し、ドキュメントをブラウザで読みつつ、各種エミュレータやDockerコンテナを立ち上げ、ソフトウェアテストを回していると結構遅い。

WFHな今、家の固定席でずっと仕事してるので、とりわけ MacOS にこだわることもない(ラップトップとしてのMacBook/Proの総合的な出来は今でも素晴らしいと思うけど)、スペックが高いデスクトップで開発するかな、しかもちょうど5月下旬にWSL2正式版が出たし Windows での開発環境もいい感じに作れそう、ならいっそ最新のスペックのマシンにしてしまおう、ということで約5年ぶりに自作をした。

f:id:secondlife:20200617174818j:plain

Ryzen 3900X (12コア24スレッド)、DDR(PC4-28800, 32GB)、NVMeのM.2 SSDを新しく買って、その他グラボ(GTX1080)や電源・ケースなどは前のマシンから流用して構築した。AMDなCPUを最後に使ったのは2006年ぐらいに作った Athlon マシンだったので14年ぶりぐらいな気がする。自分の自作 PC の CPU を振り返ると、生まれてはじめてに作ったのが AMD の K6-2 300Mhz(1998年・FSB100MHz!!)、その後 Pentium II 450Mhz(1999年、K6-2 に比べてめちゃくちゃ早くなった記憶)、Pentium III 700Mhz (2枚刺しで Dual CPU・2002年)、その後ラップトップPCの Thinkpad がメインになって、次は2006年頃に Athlon で作った感じで、2004年ぐらいまではやたら自作PCにハマっていたなぁ。懐かしい…。

おっさんの振り返りはおいておいて、物理12コアの世界は基本CPU全コア使い切ることがなくストレスレス。SSDも速いのでアプリの起動速度もめちゃ速い。Windows も完全に電源が切れた状態からでも10秒弱で立ち上がる。WSL2 での Windows + Linux の開発体験も良くて、GUI は Windows を使いつつ、その他は Linux みたいな感じに使える。VSCode がシームレスに WSL2 上で開発できるのも良い。WSL1 のころはまだ開発仕事で使うにはちょっと、という感じだったけど、今は問題なく使えている。またモバイルアプリの開発も Expo (ReactNative) でやってるので、 iOS も実機さえあれば MacOS が無くとも開発できるので、自作デスクトップを作って20日ほどたつが、 Mac は今のところ使っていない。Expo eject して、ReactNative の Xcode を使ったネイティブビルドの必要が出てくるまではいらなさそうだ。

f:id:secondlife:20200617174827j:plain

新しいマシンの唯一の不満は、Ryzen のリテールCPUファンがうるさいことだった(リテールファンなのに七色に光る!)ので、CPUファンを巨大な be quiet! DARK ROCK 4 にしたところ、12コアの全コア100%利用時でもほぼ無音になり満足だ。

2010年代は MacOS で過ごしたのだけど、自分の人生の大半は Windows ユーザだったので、今のタイミングでメインマシンを Windows にしても良いかもしれない。最近の Microsoft は開発者フレンドリーだしね。